ドクターメドマー 通販

MENU

むくみ、リンパ浮腫とは?

リンパ浮腫の専門的な説明
「リンパの輸送障害に組織間質内の細胞性たんぱく処理能力不全が加わって高たんぱく性の組織間液が貯留した結果おきる臓器や、組織の腫脹」

 

リンパ浮腫の説明

簡単に説明すると

「手術や放射線治療または外傷などでリンパ管が傷つけられたり、生まれつきリンパ管の発育が悪い事が原因となって運び去られるはずのたんぱく成分の多い体液が組織間に残ってむくんだ状態」という事です。

 

 

リンパ浮腫の原因
①手術後などにみられるリンパ浮腫
正常なリンパ管は
リンパマッつタンで吸収されたリンパをリンパ毛細管⇒前集合管⇒集合管という経路で運び途中でリンパ節を経由することにより徐々に太くなります。

 

このリンパの流れが手術や外傷などで切断、損傷されたりすると、リンパの流れがとぎれ、そこから抹消の側にリンパがたまりむくんでしまいます。
これがリンパ浮腫です。

 

②原因不明のリンパ浮腫
生まれつき、高齢のむくみ
生まれつきリンパ管の発達が不十分

 

 

妊娠、出産、もしばしばむくみのきっかけになります。

 

原因不明のリンパ浮腫は女性に多い病気ともいえます。