ドクターメドマー 通販

MENU

下肢静脈瘤の手術をしても再発!?その対策

心臓から送り出された血液は動脈を通って下肢先まで流れます。

 

そして、足で使われた血液は静脈を通って心臓にもどります。

 

足の静脈には、逆流防止弁があるので立った状態でも重力に

 

逆らって上の方向にだけ(心臓に向かって)一方通行で流れます。

 

ところが、逆流防止弁がある原因によって故障すると血液が逆流して下肢に戻っていってしまいます。  

 

症状として、むくむんだり、静脈が張って痛かったり、よく足がつるやだるい、皮膚表面に瘤のような形が浮き上がって見える

 

などの状態がみられます。

 

下肢静脈瘤は男性よりも女性に多くみられる傾向です。

 

下肢静脈瘤の対策として、静脈を縛るか抜去(ばっきょ)するような手術をストリッピング術と言い

 

その処置をする方も増えています。

 

しかし、その後の再発もやはりあるので、予防も心がける事をおすすめします。

 

対策としては

 

●長時間立立ちっぱなしを避ける

 

●就寝時間下肢を高めに設定する

 

●家庭用のマッサージ器などの活用
医療現場などでも活用されるドクターメドマーですと安心です。